蠣崎家の本拠地であり、国の史跡にも指定されている城跡

徳山館(松前大館)


徳山館

1.城データ

築城年

  • 1400年頃

築城者

  • 安東氏?

別名

  • 松前大館

天守構造

  • なし

城郭構造

  • 丘城

遺構

  • 曲輪、土塁、空堀

主な城主

  • 蠣崎氏

廃城年

  • 1620年

年 表

1514年… 蠣崎家がアイヌ勢を撃退し松前館に入場
 
1582年… 南部信直が晴政の家督を継ぎ三戸城に入場
 
1606年…松前藩が徳山館から松前城に拠点を移す
 

概 要

徳山館(松前大館)は現在の北海道松前郡松前町にある松前城(福島城)の北東に位置する山城です
幅30メートル、長さ100メートルの小館と幅200メートル、長さ300メートルの大館で構成されており、左右崖に囲まれている台地上に築城されました。
 また道中12館のひとつとして数えられ、「コシャマインの戦い」では一度アイヌ民族の手に落ちましたが、武田信広(蠣崎家の子孫)によって奪還に成功し、蠣崎光広によって大館が改修され「徳山館」と名を改めました、それ以降、蠣崎慶広が1606年に松前城(福山館)に移り住むまでの間、蠣崎家の本拠地とされていました。

関連記事