下克上を果たし。山内上杉家より「上杉」の家督及び
関東管領の職を譲られた大名

長 尾(上杉)

ながお

九曜巴

九曜巴

家系図

年 表

家 紋

九曜巴

竹に雀

上杉笹

竪三つ引両

出 自 (ここでは越後長尾氏について記述する)

長尾氏は桓武平氏の流れを汲む鎌倉氏の一族である。
 「長尾」の家名は平安時代の武将「景弘」が、相模国鎌倉郡長尾庄(ながおのしょう、現在の横浜市栄区長尾台町周辺)に住んで「長尾次郎」と称したことに始まり、坂東八平氏のひとつに数えられる。
 鎌倉時代末期から南北朝時代に関東へ入部した上杉氏の筆頭家臣として栄えた。上杉氏が関東管領として関東・越後に勢力を広げると、その家宰や越後・上野・武蔵の守護代として各地に諸家を分立させ繁栄した。
 長尾氏は上田長尾氏、古志長尾氏、府中長尾氏の3家に分かれていた。中でも府中長尾氏が代々越後守護の上杉氏を補佐する立場であった。(後に上杉家の家督を譲られる上杉謙信も府中長尾氏の出身)

概 要

長尾氏はもともと越後守護である上杉家を補佐する立場であったが、1507年に長尾為景の時に謀反を起こし、下克上を果たした。その後、為景の子・長尾晴景が家督を継ぐが病弱だったため。弟・影虎(後の上杉謙信)が家督を継いだ。
影虎は越後の統一に成功し、山内上杉家より関東管領職と上杉氏の家督を譲られる。(府中長尾氏の後継者は立てなかったため府中長尾氏は断絶した。)
その後謙信は関東管領として北条氏や武田氏、越中一向一揆、織田軍と激しい戦いを繰り返す。
謙信の死後、武田家との同盟に成功し家督争いに勝利した上杉景勝(上田長尾氏出身)が上杉家の当主となり、織田軍や北条軍と争う
本能寺の変後は豊臣秀吉に臣従し、会津120万石の大大名になるが、関が原の合戦で西軍側に付き徳川家康から改易され米沢30万石に縮小される。
その後は、幕末まで大名としての地位を維持し、明治時代には華族に列して伯爵を授けられた。

主な本拠地

武 将

長尾為景 (1488-1565) 伊達家14代当主。近隣の諸大名との縁組を推進し勢力拡大を図った。「天分の乱」の原因者。