鳥居元忠の弟。三方ヶ原の戦いで戦死する

鳥居 忠広とりい ただひろ

概 要

鳥居忠吉の四男で鳥居元忠の弟。松平広忠・徳川家康の2代に仕える。
三河一向一揆に参加し家康と敵対するが後に帰参する。三方ヶ原の戦いで、武田家臣・土屋昌続と一騎打ちの末、討ち取られた。

 ポイント

  • 鳥居忠吉の四男。鳥居元忠の弟
  • 徳川十六神将の一人
  • 三河一向一揆に参加し徳川家康と敵対する
  • 三方ヶ原の戦いで、武田家臣・土屋昌続と一騎打ちの末、討ち取られた。




誕生・死没

  • 誕生:????年
  • 死没:1573年
  • 享年:?歳
  • 死因:戦死

名 前

  • 通称: 四郎左衛門

略 歴


 
1563年 ?歳  三河一向一揆に参戦
 
1564年 ?歳  徳川家に帰参
 
1570年 ?歳  姉川の戦いに参陣
 
1573年 ?歳  三方ヶ原の戦いで戦死




鳥居家とは

出自は紀伊国熊野権現の神職の家柄

鳥居家の祖である熊野新宮第19代別当行範(重氏)は平清盛から平氏の姓を賜り平氏と称し、通称「鳥居法眼」と呼ばれた。承久の乱以降の行忠の代には、三河国矢作庄に移り、土着して忠氏と改名したと伝わる。

生 涯

誕 生

生年については分かっていないが、鳥居忠吉の四男として誕生。弟には伏見城の戦いで壮絶な死を遂げた鳥居元忠がいる。
松平広忠・家康に仕えた。

家康と敵対

三河物語によると、三河一向一揆に参加して徳川家康と敵対したが、一揆終息後は帰参した。

家康の家臣としての活動

姉川の戦い

兄の元忠同様に武勇に優れ、徳川十六神将の一人として数えられていた。
姉川の戦いでは徳川軍の先鋒を務めた。軍監(部隊指揮官)として働くことも多かったと言われている。

最 後

徳川軍が大敗すると、新井本坂で殿軍を務めたが武田二十四将の一人、土屋昌続と一騎打ちの末、討ち取られた。
子孫は小田原藩大久保氏の家臣となって存続した。