外交面で活躍し徳川秀康の結城家入嗣を取りまとめた

多賀谷 政広たがや まさひろ

概 要

結城家家臣。佐竹家や宇都宮家への使者や徳川家康の次男・秀康の結城家入嗣を取りまとめるなど外交面で活躍した。

  ポイント

  • 結城家家臣
  • 佐竹氏、後北条氏などに対する外交の使者として活躍
  • 結城秀康の結城氏入嗣をまとめた




誕生・死没

  • 誕生:?年
  • 死没:?年
  • 享年:?歳

所 属

親 族

多賀谷為広
村広




結城家家臣として

多賀谷為広の子として誕生。多賀谷氏が結城氏に帰属する際、その人質として差し出され、そのまま結城氏の家臣となった。

結城家の外交官として

結城家の家臣として政広は下野宇都宮氏や佐竹氏、後北条氏などに対する外交の使者として活躍した、その活躍により下都賀郡内に知行を受け、1586年には常陸国の小栗城の在番も務めた。

徳川秀康を養子に迎える

1590年、小田原征伐の際に豊臣秀吉に謁見し、結城秀康の結城氏入嗣をまとめた。この際、秀康から2050石の知行を受けた。