小浜城主。主家・塩松氏を裏切り田村家に寝返った

大内 義綱おおうち よしつな

居城:小浜城

概 要

陸奥の豪族。小浜城主。元は塩松氏の重臣であったが、主君・尚義を幽閉して実権を掌握。その後、尚義を追放し塩松地方を収めると、田村家に寝返った。

 ポイント

  • 陸奥の豪族
  • 主家・塩松家を裏切り田村家に降る
  • 田村家による安積郡の侵攻で活躍




誕生・死没

  • 誕生:1496年
  • 死没:1583年※大内氏系図より
  • 享年:87歳

同年の武将

名 前

  • 定頼(別名)

官 位

  • 備前守

所 属

略 歴






陸奥大内氏

陸奥大内氏は本姓を「多々良」といい大内義隆で有名な西国の有力大名・大内氏の庶流で石橋氏庶流・塩松氏の執事として奥州安達郡に入部した家系である。しかし、いつ嫡流から分かれたか不鮮明であり、偽称の可能性もある。

田村家へ内応

義綱は塩松(石橋)氏の重臣であったが、1550年、主君・塩松尚義を幽閉して石橋氏の実権を掌握、1568年には田村氏に内応して尚義を追放し、塩松地方を手中に収めた。翌年には同じく石橋氏の重臣だった宮森城主・大河内備中を攻め滅ぼし田村氏の傘下に下った。





田村家での活躍

田村家に下った義綱は1576年には田村家の安積郡に侵攻に貢献し、安積伊東氏の片平城(福島県郡山市片平町)を落とすなど活躍した。

『大内氏系図』によれば、1583年5月に87歳に没したと伝えられている。

参考資料(引用元)

1496年 0歳  誕生
 
1550年 0歳  主君・塩松尚義を幽閉
 
1568年 ?歳  石橋氏を追放し田村家に仕える
 
1576年 ?歳  安積郡に侵攻し片平城を落とす
 
1583年 ?歳  死没

戦国1000人

関連記事