信濃国出身の武将だが、津軽為信に尽力し
「大浦三老」の一人に数えられた

小笠原 信清おがさわらのぶきよ

noimage

ー写真無しー

  ポイント

  • 津軽家家臣、「大浦三老」の一人
  • 信濃国出身の武将
  • 晩年は隠居し木庭袋(きばくら)と改姓する

誕生・死没

  • 誕生:不 明年
  • 死没:1599年
  • 享年:不明

名 前

  • 信浄(別名)
  • 明野與四郎(別名)
  • 木庭袋(性)(別名)

所 属

官職・役職

  • 官位:伊勢守

親 族

  • 氏族 : 小笠原氏

略 歴

1545年…この付近で陸奥国南部領の明野に移り住む
 
1553年…津軽家に仕える
 
1592年…木庭袋(きばくら)と改姓し、居土村に隠居する
 
1599年…死 去

概 要

元々は信濃国深志郷の出身で、天文年間に陸奥国南部領の明野に移り、明野與四郎と名乗る。
天文22年(1553年)頃より大浦為信に仕えた重臣で、さまざまな戦いで貢献したといわれる。森岡信元や兼平綱則らと並んで、大浦三老の一人に数えられている。

隠 居

文禄元年(1592年)、木庭袋(きばくら)と改姓し、居土村に隠居した。

参考資料(引用元)