松平一族。甥・清康を補佐し東三河の侵攻に尽力した

松平 親盛まつだいら ちかもり

松平親盛像

概 要

松平長親の次男。松平信忠の弟。三河国碧海郡福釜の領主となり、福釜松平家の祖となった。武勇に優れ松平宗家に忠義を尽くしたが東三河攻めにて戦死した。

 ポイント

  • 松平長親の次男。福釜松平家の祖
  • 武勇に優れ「戦については凄腕で他に越す者がいない」と評された
  • 東三河の戦いにて戦死




誕生・死没

  • 誕生:1503年
  • 死没:1530年
  • 享年:28歳

名 前

  • 三郎次郎(幼名)
  • 左京亮(通称)

官 位・役 職

  • 官位: 左京亮(右京進)

所 属

親 族

松平長親
天野某(弾正)娘
兄弟 信忠親盛信定
  義春利長
親次

略 歴


 
1503年 0歳  松平長親の次男として誕生
 
1530年 27歳  東三河平定戦にて戦士




福釜家の祖

☆ 福釜城を居城とし福釜家の祖となる

1503年、松平家5代目当主・松平長親の次男として誕生する。
その後、父・長親より、福釜と東端(安城市東端町など)を受け継ぎ、福釜城を居城とし福釜松平家の祖となった。また、福釜村の宝泉院(福釜良心寺)の開基ともなった。

宗家への忠誠

☆ 武勇に優れ松平宗家である甥の清康を補佐する

『三河物語』によると、「戦については凄腕で他に越す者がいない」と評された人物で、松平宗家に忠誠を尽くしたとされている。

最 期

★ 東三河の平定戦にて先手役として出陣し討ち死にする

主君で甥にあたる松平清康が東三河を平定する際、先手役として熊谷氏の居城・宇利城(新城市中宇利)を大手門から10数名で攻めたが多くの傷を被って討死した。