足利義明を擁立し「小弓公方」創立に加担する

真里谷 信勝まりやつ のぶかつ

居城・真里谷城

概 要

真里谷家を興した真里谷信興の嫡男。千葉家の後ろ盾を持つ、原氏に対抗するため里見氏と同盟を結び、原氏の居城・小弓城を奪取し古河公方・足利政氏の次男・足利義明を擁立し「小弓公方」を創立させた。

 ポイント

  • 真里谷家を興した真里谷信興の嫡男で真里谷家2代目当主
  • 原氏の小弓城を奪取し足利義明を据え「小弓公方」を名乗らせる
  • 古河公方・足利高基と争う




誕生・死没

  • 誕生:?
  • 死没:1523年
  • 享年:?歳

名 前

  • 信嗣(別名)
  • 八郎五郎(通称)
  • 三河入道(別名)
  • 全舜(法号)

官 位・役 職

  • 官位:式部丞、式部大夫、三河守

所 属

親 族

真里谷信興
兄弟 真里谷信勝 、 真里谷信清
真里谷恕鑑真里谷全方
  簗田政助の室 、 三浦義意

略 歴


 
1511年 ?歳  父・信興が死没
 
1516年 ?歳  北条早雲から援軍を受けて原氏と戦う
 
1527年 ?歳  足利義明を擁立し「小弓公方」の創立に加担




誕生と家督相続

☆ 真里谷信興の嫡男として誕生し、真里谷2代目当主となる

真里谷家の祖・真里谷信興の子として誕生。
その後、父・信興から家督を相続し真里谷家2代目当主として活動した。





家督相続後

★ 足利義明を擁立し「小弓公方」の創立に加担した

家督を相続した信勝は、同族の武田宗信(庁南家)と共に三上氏と抗争を繰り返した。また、千葉氏の後ろ盾を持つ原氏とも対立しており、これに対して信勝は1517年、2代古河公方・足利政氏の子である「空然(後の足利義明)」を擁立し、原氏の居城である小弓城を奪取し、城主の原胤隆や一族の原友胤・原虎胤父子を追放した。
奪取した小弓には還俗し「足利義明」と名乗った空然を据えた。その後、義明を「小弓公方」を名乗らせ、自らも「房総管領」と名乗ったと伝えられている。
その後、勝手に小弓公方を名乗った信勝・義明に対して憤怒した3代古河公方・足利高基が攻め寄せてくるとこれと戦った。
※以上の出来事は弟の信清又は嫡男・恕鑑であったともされている。