千葉宗家を滅亡させた馬加康胤の嫡男。足利幕府の派遣軍に破れ討たれる

馬加(千葉) 胤持 まくわり(ちば) たねもち

馬加氏の居城 馬加城址

  ポイント

  • 馬加康胤の嫡男
  • 下総千葉家2代目(千葉家21代当主)
  • 東常縁に馬加城を攻め落され、討ち取られる

誕生・死没

  • 誕生:1434年
  • 死没:1456年
  • 享年:22歳

名 前

  • 特になし

所 属

官職・役職

  • 官位:記録なし

親 族

略 歴

1434年…馬加康胤の嫡男として誕生
 
1455年…父・馬加康胤が千葉宗家を滅ぼす
 
1456年…東常縁に討たれ、馬加城を攻め落とされる

享徳の乱

1455年享徳の乱が始まると、これに乗じた千葉氏の重臣でもある原胤房は千葉城を急襲、千田庄(現在の多古町)に逃れたまだ幼い当主千葉胤宣を、康正元年8月12日(1455年9月23日)に原胤房に加担した胤持の父・康胤が討って千葉氏宗家を滅ぼした。しかしこの時の胤持の行動については定かではない。

最 期

原胤房は将軍足利義政が派遣した東常縁に追われ同年11月24日に逃亡し、その後東常縁の入った市河城(現在の市川市市川)は、康正2年(1456年)正月19日古河公方足利成氏の派遣した簗田持助に落とされたが、東庄の近い下総匝瑳郡(匝瑳市と旭市の一部)へ逃れ体制を立て直した東常縁に馬加城(現在の千葉市花見川区幕張町)を攻め落され、胤持は6月12日に討たれてその首は京に送られたという。