「乗込大学」の異名をとった二本松家家臣

小田辺 勝成こたべ かつなり

概 要

二本松家家臣。騎戦に長け、単騎で敵陣を破ること多く、「乗込大学」の異名をとった。主家滅亡後は浪人生活を経て伊達家に仕え、武頭役(足軽大将)として3百石を領した。

 ポイント

  • 二本松家家臣
  • 乗込大学の異名をとる
  • 主家滅亡後は伊達家に仕える




誕生・死没

  • 誕生:不 明
  • 死没:不 明
  • 享年:不 明

名 前

  • 乗込大学(あだ名)

略 歴


1589年 ?歳  二本松家が滅亡
 
1598年 ?歳  伊達政宗に仕える
 
1600年 ?歳  慶長出羽合戦に参陣




生 涯

小田辺城を居城としたことから小田辺氏を名乗ったとされている。
元々は二本松氏に仕えていたが、主家滅亡後は浪人したのち、1598年に片倉景綱を通じて伊達政宗に仕官し、300石を領し武頭役(足軽大将)となった。

1600年の「北の関ヶ原」といわれた慶長出羽合戦においては、留守政景に従軍して最上義光の救援に向かい、石川実光と共に上杉軍の総大将・直江兼続と対峙した。

その後の動向についはて詳しく分かっていないが、大坂の陣にも従軍し、1616年に隠居料を与えられたとされる。





乗込大学の由来

騎戦で敵を撹乱することに長け、単騎で敵陣に突撃し破ったことから「乗込大学」の異名をとった。