宇都宮家再興のため伊勢神宮に再興の願文を出すなど尽力した

芳賀 高武はが たかたけ

居城:真岡城

居城:真岡城

  ポイント

  • 宇都宮広綱の三男
  • 有力家臣・芳賀高継の養嗣子となり兄・国綱の右腕となる
  • 主家改易後は御家再興のため石田三成に仕え、伊勢神宮に再興の願文を出すなど尽力した

誕生・死没

  • 誕生:1572年
  • 死没:1612年
  • 享年:40歳

名 前

  • 宇都宮時綱(改名前)

官位・幕職

  • 左兵衛尉

所 属

親 族

宇都宮広綱
養父 芳賀高継
南呂院(佐竹義昭)の娘
兄弟 宇都宮国綱(兄)、結城朝勝(兄)
高成

略 歴


1572年 0歳  宇都宮広綱の三男として誕生
 
1592年 20歳  芳賀家の養嗣子となり家督を継ぐ
 
1596年 26歳  兄・国綱から官途を付与される
 
1597年 27歳  豊臣秀吉により改易される
慶長の役への参陣、石田三成に仕える
 
1612年 40歳  死 没

概 要

宇都宮家臣。宇都宮広綱の三男。芳賀高継の跡を継ぐ。兄・国綱の片腕として活躍した。主家改易後は、石田三成に仕えた。また、御家再興のため伊勢内宮にたびたび主家再興の願文を奉納している。

宇都宮家の重臣として

1572年、下野国の大名・宇都宮広綱の三男として誕生する。母は佐竹義昭の次女・南呂院。

1580年の半ば母・南呂院らの要望で有力家臣の芳賀高継の養嗣子として入嗣した。
1592年の養父・高継が死去すると跡を継いだ。兄・国綱と協力して家中の家臣団統制をはかり、同年の文禄の役の際に兄と共に肥前国名護屋城に駐屯、1596年には国綱から官途を付与されるなど、兄の右腕として活躍した。

宇都宮滅亡

主君・宇都宮国綱は家臣団の統制強化を目指し塩谷氏など古くからの宇都宮氏重臣から居城を奪い宇都宮への集住を強制した。
そのため、宇都宮家の古参達は力を失うなってしまい、居城・真岡城や所領を安堵されて当主の実弟としての発言力も有した芳賀氏が家中随一の勢力となった。そのため、古くからの家臣達は芳賀家の権力を抑止しようと宇都宮家中は二分されていった。

1597年、宇都宮家の重臣達は跡継ぎの無い国綱に対し豊臣政権五奉行の浅野長政の子・長重を養子に迎えようと家中で計画されると高武は強硬に反対し、高武haこれを主導した重臣・北条勝時と今泉高光を殺害・自害に追い込んだ事から、豊臣秀吉によって兄共々改易(浅野長政に石高不正を訴えられたとも伝わる)され大名としての宇都宮家は滅亡した。

改易後

実家が無くなった高武は、お家再興に尽力し、慶長の役への参陣や石田三成の配下になった。また、伊勢神宮に再興の願文を出したというが、志なかばにして1612年に死去した。(一説には宇都宮家の旧臣の多くが西軍に組して家康の会津征伐の妨害をしてしまったため御家再興は認められなかったという説もある考えられるようになっている)

その後、子の高成は水戸徳川家に仕えたといわれる。