蘆名家を中興の祖として伊達家と並ぶ大名に築きあげた

蘆名 盛氏あしな もりうじ

蘆名盛氏 肖像画

蘆名盛氏 肖像画

  ポイント

  • 蘆名家の全盛期を築き上げる
  • 隠居後は止々斎と号す
  • 盛氏の死没後、蘆名家は衰退し始める

誕生・死没

  • 誕生:1521年
  • 死没:1580年
  • 享年:60歳

名 前

  • 四郎丸(幼名)
  • 平四郎(別名)
  • 止々斎(号)

官職・役職

  • 従四位下、修理大夫

親 族

  •  父 : 蘆名盛舜
  •  母 : 金上盛興の娘
  • 正室 : 伊達稙宗の娘
  • 兄弟 : 蘆名氏方(遊女の子)
  • 兄弟 : 堀内近胤室
  •  子  : 蘆名盛興
  •  子  : 結城義親室
  •  子  : 盛隆(養子・二階堂盛義の子)

略 歴

1521年…蘆名盛舜の子として生まれる
 
1537年…伊達稙宗の娘を正室に迎る
 
1541年…父・盛舜より家督を譲られる
 
1542年…山内氏を討って会津における勢力を拡大する。
天分の乱が勃発し、伊達稙宗側に付く。
 
1547年…伊達稙宗側(味方)の田村氏と中通にて対立したため、晴宗側に転じる。
 
1550年…中通りの進出を開始するが、佐竹氏の妨害にあう。
佐竹家に対抗して北条家や武田家と同盟を結ぶ
 
1561年…庶兄・氏方の謀反を鎮圧する
隠居し家督を嫡男・盛興に譲る(家中の実権は握ったままだった)。剃髪して止々斎と名乗る
 
1563年…二階堂盛義と戦い岩瀬郡へと進行する。(伊達家が妨害する)
二本松家が人質(盛隆)を差し出し蘆名家に降伏、同時に伊達家とも和議が成立する。
 
1574年…伊達実元と共に田村氏傘下の二本松・大内家を破り、田村家を従属させる。
盛興が急死し、二階堂盛義の子・盛隆が家督を継ぐ、盛氏は後見人となる。
 
1575年…結城義親を支援して白河結城氏の家督相続問題に介入する
上杉謙信死後の越後に出兵する。
 
1580年…死 去

出 生と家督相続

1521年、蘆名家代15代当主・蘆名盛舜の子として生まれる。 伊達家との同盟のため、伊達稙宗の娘を正室に向かえ、21歳の時に父・盛舜から家督を譲られた。

天分の乱

1542年伊達家で「天分の乱」が勃発すると、初めは義父でる伊達稙宗に味方するが、1547年、味方である田村家と対立し、晴宗側に味方するようになる。これは、会津を手中い収めた盛氏が勢力拡大のため、田村領地の中通り地方への進出を行ったからだと言われている。 このため晴宗側が優位になり天文の乱は晴宗方の勝利に終わった。

国内安定と隠居

盛氏は内政強化として国内の金山開発に力を入れたり、流通支配の強化を図った。
1561年に、庶兄・氏方が家臣の支持を受けて謀叛を起こす。これはすばやく鎮圧するが。盛氏は家内の安定を図るため、父にならい家督を嫡男・盛興に譲り向羽黒山城(大沼郡岩崎城)を築きここに隠居し、剃髪して止々斎と号した。しかし隠居後も政治・軍事の実権を掌握し、引き続き家中の統制にあたった。

参考資料(引用元)