蘆名氏の勢力を会津盆地全域に広げた

蘆名 盛高あしな もりたか

若松城

若松城

  ポイント

  • 蘆名家13代当主
  • 会津盆地全域に勢力を広げる
  • 蘆名家を2つに割る内乱を作る

誕生・死没

  • 誕生:1448年
  • 死没:1518年
  • 享年:92歳

同年代の人物

名 前

  • 小太郎(幼名)

所 属

官職・役職

  • 官位 : 従四位下、修理大夫、刑部丞

親 族

略 歴

1448年 1歳  蘆名家12代当主・蘆名盛詮の嫡男として誕生
 
1466年 19歳  家督を相続する
 
1479年 32歳  渋川氏を攻め滅ぼし勢力を拡大
 
1482年 35歳  嫡男・盛滋誕生
 
1494年 46歳  伊達氏の領内で騒乱が発生したため伊達尚宗を救助する
 
1505年 57歳  嫡男・盛滋と戦い勝利する。
 
1518年 70歳  死 没

概 要

室町時後期の会津蘆名家当主。家督を継ぎ黒川城主となると渋川氏を攻め滅ぼし会津領内の国人領主層と内戦を続けた。後に子の盛滋と不和になり蘆名家を2つに割る内乱となった。

蘆名家の戦国大名化

1466年、父・盛詮の死により家督を相続すると、1479年には土豪・渋川氏を滅ぼして勢力を会津盆地にまで拡大。
1500年には重臣・松本輔政を、1501 年には一門の猪苗代盛頼を討ち取るなど、家中の反抗勢力を討ち、蘆名氏の戦国大名化に成功した。

その後も、領土拡大にも積極的であり家臣である鴫山城主の長沼政義とともに下野国への進出を狙い下野の戦国大名・宇都宮成綱と戦った。

蘆名家内乱

1505年頃になると嫡男・盛滋と不仲になり対立する、盛滋は重臣の・松本氏の支援を受けて合戦に及ぶが結果は盛滋側が敗れた。
盛滋は伊達尚宗の下に逃れたが、盛高は後に盛滋の罪を許して帰国させている。

その後、1518年12月8日、死去した。享年70歳であった。
盛滋が家督を相続した。