蘆名氏全盛期の礎を築いた

蘆名 盛滋あしな もりしげ

若松城

若松城

  ポイント

  • 蘆名家14代当主
  • 父と共に猪苗代盛頼を討つ
  • 伊達稙宗を援護し最上家と戦う

誕生・死没

  • 誕生:1482年
  • 死没:1521年
  • 享年:40歳

同年代の人物

名 前

  • 出羽判官(通称)

所 属

官職・役職

  • 官位 : 民部少輔、遠江守

親 族

略 歴

1482年 1歳  蘆名家13代当主・蘆名盛高の嫡男として誕生
 
1500年 19歳  父・盛高に従い猪苗代盛頼を討つ
 
1505年 24歳  父・盛高と対立するが敗れる
 
1506年 25歳  父・盛高と和解する
 
1518年 37歳  父・盛高が死没し家督を継ぐ
 
1520年 39歳  伊達稙宗の援軍として最上義房と戦う
 
1521年 40歳  死 没

概 要

 室町時代中後期の蘆名家当主。父・盛高と共に蘆名家に抵抗した猪苗代盛頼を討った。
 その後、父との関係が不和になり抗争となる、のち和解して家督を継いだ。伊達稙宗の援軍として上山城主・最上義房と戦っている。
 武勇に優れた人物だったという

父・盛高との争い

 1482年、蘆名家・第13代当主・蘆名盛高の子として生まれる。
 武勇に優れていたとされ、初陣ながら1500年には父に従って蘆名家に抵抗した猪苗代盛頼を討っている。
 だが、次第に父・盛高との関係に亀裂が入り遂に1505年)、重臣・松本氏の支援を受けて父・盛高と合戦に及んだが敗れたため、姻戚関係である伊達尚宗の下に亡命した。
 しかし、翌年には和解し蘆名家に帰参している。

蘆名家当主として

 1518年に父が死没すると盛滋は家督を相続する。1520年には最上家の家督に軍事介入していた伊達稙宗の援軍として上山城主・最上義房と戦った。
 しかし、1521年2月6日に死没した。享年40歳であった。
 盛滋には実子・盛幸が居たが、弟の盛舜が家督を相続したため、盛幸は別家・針生氏を継いだ。