槍山安東家7代当主
交易で勢力を築いた大名

安東舜季

あんどうきよすえ

檜山城本丸跡

檜山城本丸跡

  ポイント

  • 蠣崎家とアイヌ人との紛争を調停させた
  • アイヌ人との交易の決まり事(協定)を締結させた
  • 安東家を統一させた安東愛季の父

誕生・死没

  • 誕生:1514年
  • 死没:1553年
  • 享年:39歳

名 前

  • -資料無し-

官職・役職

  • -資料無し-

親 族

  • 安東尋季(父)(槍山安東系)
  • 湊系安東堯季の娘(正室)
  • 安東愛季(子)

略 歴

1514年…安東尋季の子として生まれる
 
1550年…蝦夷入りし、蠣崎家とアイヌ人との和解に立会う
 
1553年…死去

概 要

安東尋季の子で槍山安東家の第七代当主。
蝦夷地に置ける支配を強めるため、自ら蝦夷を巡察したり、約100年間続いた蠣崎家とアイヌ人との調停、交易の協定をまとめたりしていた。実はこのころの蠣崎家(戦国時代の蝦夷の大名)はまだ、安東家の傘下にすぎなかった。
 湊安東家の血縁者を正室にもらっており、その子供が後に安東家の統一化を成功させた安東愛季である。